TOEIC5回の受験(505→635→645→605→730)

TOEICを真面目に受験しようと思い始めたのは4年前。

 

転職を考えた時にやはりTOEICのスコアくらいないと前向きに語学に取り組んでいる姿勢が見られないと転職エージェントに言われ、まずは受験。スコアは505点でした。

 

その後、仕事をしながら知り合った某IT企業の方が、会社の主任への昇格試験で600点が必要といった話を聞いて一緒に勉強することにしました。

 

二人で勉強した時は、主にリーディングの参考書と問題集を用いてカフェテリアで休みの日に集まって学習。時々出題された問題でわかりにくい点などを話し合い、お互いの苦手な部分を補完しあう様になっていました。結果、相手と私が無事に600点超えを見事果たしました。

 

私のスコアは635点で、誰かと一緒に頑張る学習法は自分だけがサボったり出来ないので、コツコツ出来ない自分には大変良い学習法でした。

 

また、リーディングの部分でとても点が伸びたのですが、これは別の人がいると別の人の出来ていない部分も雑談の中で憶えていくことが出来たので効率としては非常に良かったと思います。

 

このスコアで無事に転職を果たしましたが、転職先が外資系企業であったためこのスコアでは仕事で十分に使える英語力が見についたとは言えず、さらに勉強をしていく必要がありました。

 

ところが、リスニングについては自分でCDなどを使って勉強しても全くコツが掴めず、しばらく伸び悩みの時期がありました。スコアは645、605と上がったり下がったりで、同じくらいのスコアが続きました。

 

その時、後輩の子が800点超えを達成したと聞いて特にリスニングの勉強方法について尋ねました。すると、専門のスクールがあり、TOEICのリスニングにはコツがあることを勉強したそうです。

 

まず、TOEICは問題文を読み上げる前に最初の解答欄にめをやり、答えの予測をします。その後、問題文の半分くらいで解答が出てきたら素早くマークし、次の問題の解答欄をチラ見します。これの繰り返しで、解答を先に先に予測するクセをつけます。

 

確かにこの方法は本番では大変効果的で、5回目でついに730点を取ることが出来ました。今後はまず800点を目指してリスニングに磨きをかけたいと思っています。